チケット制プログラム開発サービス
(PDF版)のダウンロード
PDFファイルダウンロード265k
PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」が必要となります。お持ちでない場合は、Adobe社のWebサイトよりダウンロード、インストールしてください。
Acrobat Reader
前提条件 作業範囲 開発サービスの提供単位 お問合せ
開発導入プロジェクトが終了し、運用フェーズに入っているお客様にとって、
「突発的に発生するプログラム開発ニーズへどのようにして高品質・低コストで対応するか」が懸念・不安材料になっているのではないでしょうか?

これまで数多くのSAPシステム導入プロジェクトに参画し、その高い生産性と品質でお客様から高い評価と信頼を得てきたウェルポートコーポレーションが、
「運用フェーズにおけるプログラム開発」に最適なソリューションを提供いたします。

“チケット制”による課金
チケット制による課金を採用することにより、「開発サービスを利用した分だけコストが発生する。 (一部固定料金部分あり)」こととなり、無駄な開発コストを抑えることが可能になります。
“シェアドサービス”
お客様の事業所と弊社開発センターを回線で結び、リモートにてプログラム開発を行うことにより、 優秀な開発者を低コストでご提供することが可能となりました。(オンサイト(貴社事業所)でのプログラム開発作業をご希望の場合は、 ご相談ください。)
前提条件
□基本的な役割分担 □お客様にご用意いただくもの
ページの先頭に戻る
作業範囲
開発言語 ABAP
工程 詳細設計、プログラミング、単体テスト
上記、内容を越えるサービスをご希望の場合は、ご相談ください。
貴社の要望に合わせてカスタマイジングいたします。
アウトプット お客様のご要望に合わせたアウトプットを作成いたします。
(詳細設計書、プログラム、単体テスト報告書などを想定)
“チケット制”プログラム開発サービスの作業の流れ
ページの先頭に戻る
開発サービスの提供単位
1ヶ月あたり160時間を1単位とし、1単位を3ヶ月単位で契約いただけます。
“チケット制”による課金のイメージ
1ヶ月分の“チケット”の内、50%を“管理費を含んだ固定部分”、残り50%を“変動部分”と分類し、当月に未使用の“変動部分”を翌月に繰り越すことが出来ます。
(下図は1契約単位“160時間/月”を例示)
ページの先頭に戻る
お問合せ
弊社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、同意いただけましたら、
下記のフォームに必要事項をご記入のうえ「送信確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

  会社名
氏名
フリガナ
メールアドレス
  郵便番号
  住所
  TEL
  FAX
お問合せ内容
ページの先頭に戻る